FC2ブログ

花組のトップ

3月30日

安寿ミラ さん

お誕生日おめでとうございます!


いつもストイックに己を磨いているあなたを尊敬してます。
どうかいつまでも健康で、舞台や振り付けのお仕事をなさってください。
容姿だけでなく生き様の美しい女性として、私の永遠の憧れです。

25年くらい前からずっとヤンさん大好き!!
あんど花組最高!
ヤンさんて、面とむかって後輩や仕事仲間に「おめでとうございます!」っていわれても、「ぜんぜんめでたくないわよ!」って言いそうだな(笑)
ツンデレだから。むしろTop of ツンデレだから。
クールにみえて実はハートがあったかいんですよね。
ネットでお歳を知ったけど・・・マジですか。私のような凡人とは生きてる時間軸が違うのかな?


一度だけ、私の夢の中にご出演頂いたことがあります(笑)
旅館の広間でなぜか運動会が行われており、私とヤンさんが組んで借り物競争にでるっていう変な夢。
私が借りるべきもの(帽子かなにか)をギャラリーから借りられずアワアワしてたから、案の定ヤンさんのツッコミがさく裂する展開(笑)
「ちょっとアンタしっかりしなさいよ」とか怒られているんだけど、一見つれないようでも本当はヤンさんめんどう見がいいの知ってるも~ん!(目がハート)とか私は思ってるんですよ。
幸せな時間だったなぁ。
たぶん80周年の大運動会の写真を『歌劇』か『グラフ』でみたあとだったから、こういう夢みたんだろう(笑)


今年はどんなお仕事なさるのかな?
イヴ・サンローラン、つい最近千秋楽だったとか。お疲れ様でした!
今年は生のヤンさん、拝見したいな!
またヅカOGのショーとかもやってくれないかな?


~~~~~~~~~

そういえば花組の明日海りおさん、退団を発表されましたね。
歴代トップの中でも、ひときわ大きな看板だったと思います。
天然ちゃんて言われてたけど、舞台ではスーパーかっこよくて美しくて3拍子そろった完璧な男役として大成。
退団発表にファンの人たちはショックでしょうし寂しい気持ちもあるでしょう。
それでもネット上には、「すごく頑張ったよね!」「ありがとう!」「今まで忙しかった分、卒業したらゆっくり心身休めてほしい!」といった感謝や労いの言葉が多く見受けられました。
普通、トップスターをさん付けで呼ぶことが多いと思うんだけど、明日海さんの場合、圧倒的に「みりおちゃん」なんですね!
これってすごく特徴的。
ファンの人たちも明日海さんに対してどこか親近感を持ってるような、見守っているような、アットホームな感じがします。
昔は宝塚のトップスターといえば手の届かない雲の上の存在みたいなイメージ。
今のファンの人は、トップスターを憧れのキラキラした存在ではあるけど自分と同じ大地の上に立っているひとりの人間として捉えているのかなぁ・・・・なんてぼんやり考えました。
だからこそ、今まで細っこい肩に重責のっけて大変だったろうなとか、トップさんを思いやる気持ちがまず最初に出てきて、あのような労いの言葉がネット上に並ぶのではないかな~と。
あ、昔が悪いといっているわけではないのです。
時代がかわれば捉え方もかわっていくものだろうと思ったまでです。

このあいだスカパー無料の日に『ポーの一族』観たんですが、どのシーンをとっても「美」っていう感想しか出てこなかったです。
明日海さんの魅力ドバーン。
本当によくぞ舞台化してくれた!
劇場で生観劇できたお客さんたちは、一生の思い出になったことでしょう。

最後の公演・・・・・チケット入手厳しそう!
もしあるのならライビュでいいので観たいな。

ポーのライビュの感想 続き

きゃっ!
うちはネット僻地のブログなのに、カウンターすごい回ってて怖い。
なにかサーチ系のサイトにキーワードで引っかかったのかしら?
ポーの一族の人気はすごいんですね!!
もっと語彙豊富にして丁寧な感想を書けばよかった。
読んでくださった方、ありがとうございます。恐縮です。
ブログ拍手も大変うれしく思います。

こちらはもともとドール・アニメオタクのブログです。
あら?と思ったお姉さまはどうぞ遠慮なく引き返してくださいませね。



その後、ライビュに関してポロポロ思い出したことがあります。
やっぱり頭悪そうな文ですが書きます。


・宝塚のライビュってまったく拍手なしなの?寂しいよ~
・『髑髏城の七人』のライビュはかなり拍手とヒューヒュー多かったけどな
・演劇系ライビュで隣がポップコーン食べてる客だと気になって辛い

・昔に比べ衣装に中間色が増えて良い 視覚的に落ち着いてみえる
・しかもドレス装飾は昔よりゴージャスになってる 目の保養
・昔よくあった宝塚名物トンチキ衣装 今は消滅したのか?
・ホテルブラックプールのメイドとベルボーイ制服 素敵だった
・派手な装飾なしでもデザインと色のバランス次第で素敵衣装は生まれる
・いやほんとにあのロング丈のメイド服は最高オブ最高

・アナウンス等で宝塚の美しい日本語を聞くと背筋がシャンとする 
・生オケよかった 特にトランペットさん クラリネットさん 

・明日海さん超小顔 他ジェンヌさんもみんな頭身おかしい(褒めてる)
・トップスターどんどん痩せてしまう問題 今もなおあるんだね
・劇団さん トップの健康面への配慮もよろしくおなしゃす
・柚香さん アランからフィナーレのキザ男子への転身すごい
・これぞ花組の男役!って感じでバリバリ踊ってた
・アランがビジュアル完璧だったから余計にド胆ぬかれた
・花組ってトップと2番手のカラーが好対照なのことが多いかも

・娘役さんの首のリボンチョーカーは昭和世代の女子の夢!
・ポー原作読んだ当時はリボンチョーカーなど流行ってなかったし
・それを美しく完璧に再現してくださる娘役さんたち ありがとう
・狩りのターゲット・クリフォードのいる小屋に行くシーラの氷点下の妖しさ
・そのクリフォードに正体バレてからの緊迫感すごかった 鳥肌
・瀬戸さんのイケオジ度すごい そして体のほとんどが足(褒めてる)
・最後までお互いを求めてやまない男爵夫妻 美しい 

・村人や町人や生徒など、アンサンブルがどの場も優秀 上手い!
・外部ミュージカルと比べても遜色ない気がする
・若手がアンサンブルで張り切ってるの観ても泣ける

・いくつになっても宝塚の華やかさが好きだわ 
・美しいは正義 


長ったらしいメモ感想、失礼しました。
とりあえず、ジェンヌさんみたく痩せたい(笑)
あっれ~?なんで私こんな贅肉ついてんの?(食べてるからですよ)

キレッキレなポーの一族

『ポーの一族』ライビュ、観ました。

はぁ~、すごかった。

萩尾望都、小池修一郎、明日海りお率いる花組
この3つの歯車がかみ合わさって生まれた最高傑作でした。

感想をまとめる脳みそと体力がもはやなく、うまいこと言えません。
ごめんなさい。先に謝っておきます。


明日海りおさん、素晴らしい花組トップですね。3拍子揃ってる。
なによりそのお芝居に心を鷲掴みされました。
まだ人の子だったエドガーと、人外となったエドガーのふり幅が大きかった。
男役だから声をなるべく低くとか、14歳だから子供っぽくとか、あまり声を作りすぎなかった点も良かった。
どれだけメリーベルのことを大切に思っているのか、お芝居からわかる。
抗って抗って最後にはポーの一族としての自分を受け入れるエドガーの心の動きもよくわかる。
葛藤や悲しみや諦観、そうしたものがはっきり表現されていました。
「ひとりでは寂しすぎる」というエドガーの言葉が重い。泣ける。

シーラの仙名彩世さん、柔らかい物腰のお芝居でお衣装もきれいで歌もお上手。
あの白いレースのかかったブルーのお衣装、超きれい!
シーラの出番がとんでもなく多くてびっくり。大役を立派に果たされてました。
適材適所の配役だったんだな~。
シーラの夫・ポーツネル男爵の瀬戸かずやさんとの息もぴったり。
最後二人で消滅していくところも泣きました。

メリーベルの華優希さんはだいぶ下級生なのかな?
とても愛らしく演じておられました。泣き叫ぶところも発声がきれいでまったく耳障りじゃない。
消されてしまう場面はメリーベルがかわいそうで、BBA(わたくし)また泣いた。
花組に華さんというお名前の方が今もいるのが嬉しいです。
華陽子ちゃんを思い出しました(懐古サーセン)

柚香光さん、ひねくれた生意気小僧にみえて実は繊細で純粋な心を持つアラン役を好演されてました。
歌はまだこれからかな?明日海さんの間近で学べることは多いはずだから、伸びしろ!
なんだかんだいってアランというキャラの悲劇性もすごいよね・・・・。つい、ポーの一族側に目が行きがちだけど。

ずっと観たいと思っていた天真みちるさん、大活躍の二役でした!
名バイプレーヤーなんですね。
1幕では歌で魅せてくれたし、2幕で階段転がり落ちるシーンも熱演。
怪我などなかったのかな?無事千秋楽迎えられて良かった。

老ハンナの高翔さん、キングポーの一樹さん、レダ役の鞠花さん、良かったです。
それと、アホな私は上演中飛鳥裕さんの存在に気がつかなくて、退団セレモニーの組長高翔さんの言葉で初めて知りました!
うううう、やっぱりちゃんと下調べしてから観るんだったと後悔。
勿論、袴姿の飛鳥さんの挨拶拝見して泣きましたよ。長い間お疲れさまでした。
同期のお花渡し役としてネッシーさん(日向薫)ゲストで来てた!

演出のイケコこと小池先生、ヒット作の打率すごいですね!
演出うまい(上から目線)
大小のセリ、廻り舞台、銀橋などをフル活用して、場面転換がスピーディー。
暗く重くしんどい話のはずなのに、視覚的にとんでもなく美しいから観てる側が滅入ったりしない。
宝塚のいいところをぎゅっと詰め込んだ作品だと思いました。

小池先生はこの作品中でいろんな対比を提示してますね。
人 と 人外(バンパネラ)
家族 と 疑似家族(ポーツネル一家)
田舎くささ と 洗練されたもの
老人 と 子供
自ら一族に入ったシーラ と 無理矢理一族に入れられ反抗するエドガー
などなど。
舞台上の情報が過多で、わたくしの低スペック脳では見落としたものがいっぱいあっただろう。
あと何回でも舞台を観たいよー。
でも今日千秋楽だからそれも叶わないのですね。

千秋楽の挨拶をする明日海さんを観て、きっと素は飾らないお人柄なんだろうな~と感じました。
舞台ではあんな色香あふれてるのに!
眉間にしわよせて口を半開きにしたお顔とか、18禁くらいの色っぽさなのに!
素のしゃべり方がとってもかわいい。マイペースな性格なのかな?
みりおファンの方はこの二極性がいいんだろうな。
ところで今の宝塚の千秋楽ってこんなに何度もカーテンコールがあるの?びっくりした。
明日海さん、早く重たい羽根も衣装も脱いでお風呂はいってさっぱりしたいだろうに・・・・ってちょっとかわいそうになってしまいました(笑)
本当に公演お疲れさまでした。
まちがいなくあなたの代表作となりましたね!

最後に。
花組が「ダンスの花」をしっかりと継承しているのがフィナーレでわかって、とびきり嬉しかったです。
やっぱり花組最高!
組全体としての歌のレベルも高かったしすごいなぁ~。
すごいなぁ~
DVD欲しいなぁ~
端から端までお衣装じっくりみたいなぁ~
もう一度ポーの世界観に浸りたいなぁ~

明日はライビュ

チケット取れたので、明日は待望の『ポーの一族』のライブビューイングに行きます。

ついにリアル二次元のエドガー、アラン、メリーベルを拝める!
欲を言えば東宝劇場で生の舞台をみたかったけど、当日立ち見券買うのさえ困難という人気公演なので、ライビュ観られるだけでもラッキーなんですよね。
しかしパンフだけでも事前に買って学習しておけば良かったかなって今ごろ思ってます。

明日海りおさんトップの花組をみるの初めてなのでワクワクしてます。
クリクリウィッグが似合うのは明日海さんか涼風真世さんかってくらいお似合い。
しかも、今回はバンパネラってことで人外の雰囲気出すのにカラコンを目に入れてるらしい。
今の宝塚ってそこまでするんだ!

シーラ役の娘トップ・仙名さん、たいそう素敵らしい。こりゃ、観る楽しみが増えるなぁ!
娘役さんがいい芝居してると、私がとても喜びます(笑)
男役だけの世界じゃないからね。娘役さんあっての男役だと思ってます。

アラン役の柚香光さん、お名前きれいですね。
研10か。明日海さんが研15なのね。 ←今ググった
やはり男役は芸歴長いのね。ていうか明日海さんもう大ベテランじゃん!
柚香さんはなんで柚カレーってツイッターで言われてるの?
あ、ひょっとしてお名前「ひかる」じゃなくて」、「れい」って読むのか!

知らないことだらけのまま、観劇します。
きっと映画館にライビュみにくるお客さんガチ勢だよね?
私、ちょっと肩身狭いかも(汗)



ついでにこのあいだ録画した宙組の『神々の土地』の感想を。

まなと様、暗く苦しく切ない役どころを好演。
伶美うらら嬢があまりに美しくて驚愕。立ち姿だけでも絵になる。
衣装の着こなし、髪型、アクセサリーのセンスも抜群だった。
トップ娘役の鏡!と思ったら、彼女はトップではないとか。えー?
皇太后役の寿つかささんに最優秀助演賞を贈りたい。存在感ストロング。
調べたら組長さんだった。こういう役者さん大好きです。
え?待って。純名里沙さんと同期?ひえー、大ベテラン!

ショーではまなと様が一転して太陽のような輝きを放ってた。
明るくてスケール大きいところ、なんだか昔の日向薫さんを思い出すなぁ。
あと、まなと様はどんな色、どんな衣装をも着こなしてしまうスキルを持っていると思う。
最後のフィナーレ、パープル衣装ずらっと並ぶの、とってもきれいだった。

髑髏城の七人

ライブビューイングで『髑髏城の七人』下弦の月チームを観ました。
座席運ナッシングだったけど(前から2列目)大変見応えのあるお芝居でした。
前情報をあまりいれずに観劇。初めてみる演者さんばかり。


・宮野真守(捨之介)
 聞きやすい声 心やさしく懐広い主人公
 長身 足の分量が多い 着物の帯の位置たかっ!
 立ち回りで生足見放題 マモクラスタ死屍累々
 ついでに歌ってくれてもいいのよ 聴きたかった

・鈴木拡樹(天魔王) 
 ただのイケメン2.5次元俳優ではない そういうフレーズがむしろ邪魔
 目のひんむき方や口のゆがめ方をみて歌舞伎役者かと思った
 えー?なにこの人 今年一番の衝撃 ただならぬ役者
 観劇後画像検索してみたがにわかに信じられない 同一人物?

・廣瀬智紀(蘭兵衛)
 途中まで早乙女太一だと思ってた 漫画のような美形 
 殺陣が美しい 儚げで浮世離れしてる  つまり2次元

・木村了(兵庫)
 兵庫役をとことん愛しているのがわかる心技一体の演技
 荒武者隊のチームワークみてて気持ちいい 後半泣かされた

・松岡広大(霧丸)
 こんなかわいい子を嫌いな人はいない ちょっと反抗期のわんこ

・羽野晶紀(極楽太夫)
 新感線にこの人あり!絶賛!容姿も芝居も歌もすべて良し!
 実は初めて羽野さんの芝居を見た もっと早くみていればと後悔
 「あいよ」のセリフが日本一似合う役者


そのほか脇をかためるベテラン役者さんたちも素晴らしかった。
上弦チームやそれより前の花・鳥・風バージョンをみてないので比較はできないが、下弦は全体的なバランスがいいと思う。
誰か一人が突出するのではなく、役それぞれが良い。

それにしてもあの長丁場、役者さんは体力使いますね。
衣装や小道具のメンテナンスも大変そうだ。あの舞台では消耗が激しいだろう。
回転式の客席、ぐるっと客席を取り囲む舞台、めまぐるしく変わる映像、一体どれだけの製作費がかけられているんだろう。
とてつもなくでっかいスケールの演劇をみせてもらいました。
キャスト、スタッフの皆さん、どうぞ無事に千秋楽を迎えられますように!

え?髑髏城の〆で天海の姐さんと古田さんご出演?そりゃまたすごそうな予感。


演劇界は今年当たり年になっちゃうんではないかい?
噂では宝塚の『ポーの一族』も、ものすごい人気らしい。
観たい。エドガーやアランがリアル2次元て噂を確かめたい。
タソ(天真みちる)生でみたい。
私、元・花組クラスタだし!

今年はこの流れに乗ってお芝居すこしでも多く観れたらいいな~。
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

福山カイリ

Author:福山カイリ
人形、旅、ガラクタ骨董などについて書いてます。
ものを集める癖があります。
ほうれい線の気になるお年頃。
現在ユーリ!!!と野島健児さんにハマっています。

画像の無断転載・二次使用はお控えください。


~私にとっての神さま~
 ・谷内六郎
 ・内藤ルネ
 ・アンドレ・マルティ
 ・カイ・ニールセン
 ・中村明日美子 
 ・マリナ・アニシナ
 ・安寿ミラ


~うちにいるお人形~

◆SD
 六郎(SD13少年旧28番)
 時雨(SD13少年16番)メンテ中
 薫(SDスタンダードくん)
 景(教室Aヘッド)

◆ブライス
 アリー(フルパン)
 きなこ(スケデスペリ)
 ノンナ(ポンチョ)
 もも(アイラブ)
 沙沙(アジアン再)
 いちば(マルシェ再)

◆ベッツィー
 つぶ(2008ベーシック)
 メイ(一魚二魚)

◆リカ
 白蜜(タカラ)
 黒蜜 (キャッスル)
 楓 (キャッスル)

◆バービー
 レディ・ババ
 (復刻sophisticated lady)

◆オビツろいど
 ヴィクトル
 勇利
 ユリオ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お友達サイト
QRコード
QRコード