長崎よかよか旅 ⑨龍馬までの道のり

今回、龍馬パスポートなるものを買って4つの施設をまわりました。

・長崎奉行所 龍馬伝館
・長崎まちなか龍馬館
・亀山社中記念館
・グラバー園

以上の4施設を1回ずつ見られるお得なチケットということで。
暴露すると、私は幕末・龍馬に関しての知識もほとんどなかったんだけど(笑)まぁ流行に乗ってみよう!と思いましてね。
そしたらあちこちで「え~!」という悲しい目に会いました。

最初にいったのは「龍馬伝館」。
この施設は長崎歴史文化博物館のなかに入っています。なもので、私は勘違いしてほかの常設展もこれで見られると思っていたんですよね。
チケットみせたら係員さんに申し訳なさそうに「パスポートに常設展は含まれてないので別途チケットを・・・」といわれてしまい赤っ恥!
「龍馬伝館」はやっぱり某局の宣伝っぽい感じでした。だれそれの着ていた衣装とかあまり興味のない展示。
古いにおいがしないから物足りない。

アーケード街のなかにある「まちなか龍馬館」は思ったより小さかったです。
初っ端のコンセプト・ムービーが異様に洒落ていてエキセントリックでびっくりしました(笑)
亀山焼の展示を楽しみにしていたけど、最後の方にちょろんとあるのみでショック。しかも見づらい位置。
施設内で終始流れている月琴?の音楽は、エキゾチックで素敵でした。
でも今はもう旋律を思い出せない!記憶力がありません。

「グラバー園」も夜景をみに行きまして。
最後は「亀山社中記念館」です。
地図を見ると、風頭公園近辺にこの施設を含めいくつかの見所があつまっている模様。
どこから山の上まで登ろうか悩んで、ヘイフリ坂コースをチョイス。
これが過酷な階段で大変でした!
おとなしく龍馬通りを行けばよかった・・・。





恐怖のヘイフリ坂。
両サイドはお墓。夜は怖そうだ。でも案外、穴場の夜景スポットだったりして。
これはまだまだ序の口。下の方です。
そのうちカメラを構える気力もなくなり、ひたすら目の前の階段をこなしていくアスリートのような心境に・・・(笑)

おそらく時間にしたら20~30分くらいなものだったと思いますが、炎天下での無限階段はきつかったです。
上にたどりつくまでにすれ違ったのは2人だけ。勿論上から降りてきた人です。
一日に何人くらいここを登る人がいるのかしら?
両サイドは墓地で高い建物もないし、見晴らしは抜群にいいです。
ここに眠っている人たちは幸せだと思う!でもお参りにくる人はさぞ大変だろうなぁ。


naga69.jpg

時々お茶を飲んで汗をタオルで拭きつつ、地味に登っていきました。
ところどころに休憩用の「やすみいし」という椅子のような石もおいてありました。でも意地でも座らない(笑)
そしてなんとか墓地を抜けて、風頭公園入り口にきました!
ばんざーい!よくやった、俺。
スコーン!と見晴らせる景色。頂上だから涼しいかと思いきや、風もそんなになくて暑いのです。


naga74.jpg

これがよくTVなんかでみる、あの龍馬像か!
龍馬さんは涼しそうな顔して立ってるけど、私ここまでくるの大変だったのよ~。


naga75.jpg

私以外の人がみんな涼しげにみえてしまう(笑)

さて、ここから「亀山社中記念館」へ向かいました。

案内板があまり詳しくなくてどこからいったらいいのかわからず
 ↓
テキトウに道をいったらどんどん坂を下ってしまい
 ↓
「あ、これは完全に道をそれているなぁ」と思い、またテキトウに路地の急階段を登ると
 ↓
そこは地元の人さえ通らないところらしく、蜘蛛の巣を思いっきり顔で受け止めたりして
 ↓
気分がものっそい凹みました。

結果的は最初の「それてるな~」って思った道をそのまま行っても大丈夫でした(笑)
「あんた、どんだけ苦難の道のりを選んでるの!」とセルフつっこみ。
こういうときは笑うしかないっす!
今回の旅で一番のハラハラ・ゾーンでした。伊良林地区、恐るべし。

で、記念館は。とてもちんまりとした日本家屋でした。
なかは撮影できないみたいで、みんな門だけ撮ってました。
私はすでに気力が残っておらずカメラも出せません。ヘロリンチョ。
昔は社中から海が見渡せたそうですが、その後埋め立てが進んでしまったので、今では海はみえません。
うーん、がっかり。

大きなブーツがある展望台にもいってみました。
記念写真のための長蛇の列ができていた。よってあっさりスルー。
一刻も早く涼しい建物で涼みたい!と坂を下りることにしました。帰路は勿論龍馬通りですとも。


naga76.jpg

今度来るときはもうちょっとお勉強してくるわ、龍馬さん。


naga77.jpg

ガイドブックに必ず出てる竜馬の看板。
・・・この濃ゆさ、どうみてもマイケル・ジャクソンだと思ふ。


naga80.jpg

下におりてきました。
路地にときめく余裕が出てきました(笑)
このあと中通りに出てちんたら歩いていたら骨董屋のおばちゃんに捕まり、2枚お皿を買いました。
思考能力がなかったのであとで考えたらちょっと高いお買い物しちゃったかも。
まぁ、がんばったご褒美だな!


あ、旅行からすでに1週間以上たってますがな。
補足。8月26日~28日の旅でした。

コメントの投稿

非公開コメント

フルコース!

すご~い!ほぼフルコースじゃないですか~!

>記念写真のための長蛇の列
ホントに盛り上がってるんですねぇ~!僕行った時は、龍馬像の周辺もまだ工事してたし、ブーツも、それなりに人はいたけど、待つことなくブーツ履くこと出来ました。

>昔は社中から海が見渡せたそうですが、その後埋め立てが進んでしまったので
そういうことだったんですねぇ~。港に入る船を見渡せた...ようなイメージでブーツ履いたんですけど、かなり左向かないと海が見えないから、あれ~?って思ってたんですよ~。なるほどなるほど~。

ヘロリンチョなカイリさんを想像して、行ったことあるだけにちょっとだけ笑ってしまいました。すいません。
でも確かにこのエリアは、歩き甲斐ありますよねぇ~。

No title

☆たびぱぱさま
たびぱぱさまの行かれた頃は風頭公園の龍馬像のあたりは舗装工事してましたよね?
それがすっかりきれいな展望台&公園となってました。
でも頂上だから日影がまったくなし!(笑)春か秋か冬の日中がお勧めですわ(笑)

龍馬どおりもそれなりにキツイと思うんだけど、ヘイフリ坂はひとっこ一人いないかんじで、「このまま彼岸にいってしまうのでは?」と思えました(笑)
まわりが墓地だけれど怖さはまったく感じさせないすばらしい眺望です。
何がしかの理由で大量の汗をかきたい人&健脚さんにお勧め(笑)

ブーツ像のまわりが普通に民家だったのに驚きました。
海がね・・・みえないんですよ(^。^;

私は、およそ、その1年後

どもども!昔の旅記事にコメント失敬!

カイリさんが長崎を旅した、ほぼ1年後の猛暑の長崎を旅したですよ。

伊良林地区は、上りよりも、下りルートで散策が一番です。
私は、偶然、バス利用で、風頭山行きのバスに乗って、ガーッと登ってもらって、あとは、バス停から、基本的に下り道を。

下りルートでも、汗がしたたり、鬼のような行軍状態でしたのに、上りコースは、さらにきつかったことでしょう!

市街地の龍馬関係の施設は、なんつーか、今ひとつ、アレですよね…確かに。

もしかしたら、既読かも知れないですが、一応、URLに、私の長崎旅行記のハイパーリンク集のを貼らせていただきますー。

No title

☆みわぼーさま
過去記事を読んで頂き、嬉しいです!
そっか、バスがあったのね。それが正解ですよ!
私、アホのほうに汗をかきながら、風頭公園まで登りましたよ。
墓地の中に入ってしまうとロクに案内板もなく、これで道が合っているのかわからなかったです。

まぁ長崎の人は皆さん親切なので、こちらが道を尋ねれば笑顔で教えてくれたのでしょうけど、私の辿ったヘイフリ坂コースではほとんど人に会わなかったわ(笑)

あとでそちらの記事も読ませて頂きますねー。ありがとう。
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

福山カイリ

Author:福山カイリ
人形、旅、ガラクタ骨董などについて書いてます。
ものを集める癖があります。
ほうれい線の気になるお年頃。
現在ユーリ沼と野島健児沼にドボンしてます。


~私の神様 美の師匠~
 ・谷内六郎
 ・内藤ルネ
 ・アンドレ・マルティ
 ・カイ・ニールセン
 ・中村明日美子 
 ・マリナ・アニシナ
 ・安寿ミラ


~所有する人形~

◆SD
 六郎(SD13少年旧28番)
 時雨(SD13少年16番)
 薫(SDスタンダードくん)
 景(教室Aヘッド)

◆ブライス
 アリー(フルパン)
 きなこ(スケデスペリ)
 ノンナ(ポンチョ)
 もも(アイラブ)
 沙沙(アジアン再)
 いちば(マルシェ再)

◆ベッツィー
 つぶ(2008ベーシック)
 メイ(一魚二魚)

◆リカ
 白蜜(タカラ製)
 黒蜜 (キャッスル製)
 楓 (キャッスル製)

◆バービー
 レディ・ババ
 (復刻sophisticated lady)

◆オビツろいど
 ヴィクトル
 勇利 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お友達サイト
QRコード
QRコード