駆け足名古屋旅 ③四間道



名駅からたった一駅、国際センターの裏手に、古い町並みが残っていました。
江戸時代からあるんだってよ!
物資を運ぶのに、川沿いに蔵や商家が並んでいたんだそうです。
雰囲気としては小京都?
リノベーションした蔵が飲食店などになってます。
今はおされなデートスポットらしいですが、朝イチでいったので若人はほとんどいません。
車の往来はけっこう多かったです。抜け道なのかな?
おかげで、うさじいで出して撮影できなかった・・・。


2013ng73.jpg

2階部分に神様を祀っているおうち。
このあたりはこういう町家がたくさんあったのだそうです。


2013ng75.jpg

おうちの一階。説明書きがありました。
ほとんど写ってないけど!


2013ng83.jpg

いいですね~。


2013ng94.jpg

古い辻(道の交差するところ)は現世と異界を繋ぐ、なんていいますよね。
画像の真ん中にシャボン玉みたいのが写ってて、一瞬どきっとしました。
しかし冷静に見ると、単なる逆光によるレンズフレアだとわかります。
私、霊感ないしね!(笑)


2013ng95.jpg


2013ng076.jpg


2013ng90.jpg

良く出来た海洋堂のジオラマかと思うような昭和も、ここにはあります。


2013ng105.jpg

「かーちゃん、誰かきたよ。」


2013ng107.jpg

息子は警戒心丸出しでした。
親子で顔の作りがそっくり。
ぜんぜん触らせてもらえなかった。しくしく。


2013ng88.jpg

うわぁ~、脱力系だなぁ(笑)


名古屋の写真はこのくらいです。
あとは買ったものについて後日アップする予定です。


旅のつづきはこちらからどうぞ! →その④

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

おぉ〜!白黒かっこいい〜!

こういう空間イイですよね〜。
知らない土地、知らない風景のはずなのに何故か懐かしさを感じるのは日本人のDNAか?ってよく思います。

那古野って住所も気になりますね。

No title

☆たびぱぱさま
那古野はもともと「なごや」と発音していたそうです。
でも「名古屋」とごっちゃになって紛らわしいのでいまは「なごの」って言うんだそうです。

そうそう、実際こういうおうちに住んだことないのに、なぜか懐かしく感じてしまうのよね。
川自体は今はあまり風情はないけど、一本入った通りは、こんな風に蔵や古い長屋が続いています。
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

福山カイリ

Author:福山カイリ
人形、旅、ガラクタ骨董などについて書いてます。
ものを集める癖があります。
ほうれい線の気になるお年頃。
現在ユーリ沼にドボン中。
まさかこの齢でアニメにハマるとは・・・・。


~私の神様 美の師匠~
 ・谷内六郎
 ・内藤ルネ
 ・アンドレ・マルティ
 ・カイ・ニールセン
 ・中村明日美子 
 ・マリナ・アニシナ
 ・安寿ミラ


~所有する人形~

◆SD
 六郎(SD13少年旧28番)
 時雨(SD13少年16番)
 薫(SDスタンダードくん)
 景(教室Aヘッド)

◆ブライス
 アリー(フルパン)
 きなこ(スケデスペリ)
 ノンナ(ポンチョ)
 もも(アイラブ)
 沙沙(アジアン再)
 いちば(マルシェ再)

◆ベッツィー
 つぶ(2008ベーシック)
 メイ(一魚二魚)

◆リカ
 白蜜(タカラ製)
 黒蜜 (キャッスル製)
 楓 (キャッスル製)

◆バービー
 レディ・ババ
 (復刻sophisticated lady)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お友達サイト
QRコード
QRコード