ルネさんの師匠の展覧会



そごう美術館でやっている中原淳一展にいってきました。
さすがにお客さんはご年配のご婦人が多うございました。
アラフォーの私が客のなかで一番若いわぁ(笑)

内部はところどころ撮影可になっていましたが、特に撮る気もしなかったっす(^。^;


私個人としては、「中原淳一=内藤ルネさんのお師匠さん」という位置づけです。
もちろん、淳一さんの絵はすごく好きです。
ですが、なにより「ルネさんを発掘し育ててくれてありがとう」っていう気持ちを淳一さんに対して強く持っています。
すっごい上から目線ですいません。ルネさんあっての私なのです。


雑誌『ひまわり』や『それいゆ』『ジュニアそれいゆ』などの原画が多数展示してありました。
ペンで描いているのですが、超細い線でびっくりした!
まつげとか極細。
最後の展示は、淳一さんに影響を受けた、あるいは交流のあった著名人の色紙でした。
美輪さまの色紙が達筆すぎて読めなかった・・・。すごくきれいな字でした。
宇野亜喜良さんの色紙がかっこよかった。添えてあるご本人の写真もこれまたかっこよかった。
高橋真琴さんの字に、とても几帳面さが出ていた。


sol02.jpg

展覧会の原画などは当然撮影禁止なので、かわりにうちにある『ひまわり』でもアップします。
中原淳一はこういう絵を描いていた人です。
昭和24年6月号。夢見る乙女~。


sol06.jpg

「白魚のような手」とか「桜貝のような爪」というのは、こういうのを指すんだろうね。


sol05.jpg

展覧会では、ちょうどこの絵の原画が展示してありました。
まだ戦後の物資不足で印刷に色を多く使えなかった時代、モノクロやこうした2色でもびしっと決まる絵を数多く描いています。
白と黒のバランスが良い、影絵風のイラストをたくさん残しています。


もし機会があれば、会期中もう一回みてもいいかな~と思ってます。



以下はおまけ。

sol04.jpg

ちなみにこの号の宝塚特集はコーチャンよ!!
だれそれ?って思ったあなた。
失礼ね、天下の越路吹雪さまよ。
女たらしっぽい目がいいわ。そこにシビれる!あこがれるゥ!


sol03.jpg

この号で一番びっくりなのは、川端康成先生がお若いこと!(笑)
だって私ら世代だと、国語の教科書で知る文豪だもん。
この6月号から小説の連載を開始しているんだって。
『ひまわり』ってすごい雑誌だ。

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

全く知らない世界ですが、ルネ先生にしても、絵はよく知ってます。それだけ独創的な世界なんでしょうね。
昭和24年!
そうは思えない、未だに斬新ささえ感じる色褪せない表紙!!
でも内容が凄い(笑)
いいもの見せて頂きました〜。ありがとうございます!

No title

☆たびぱぱさま
ルネの名は知らずとも、彼のデザインしたシールや貯金箱などファンシー系グッズを、たびぱぱさんも幼少時にきっと見ていると思います。
昔の雑誌は字がすごく小さく組んであります。冊子自体は薄いけど内容はとても濃いです。
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

福山カイリ

Author:福山カイリ
人形、旅、ガラクタ骨董などについて書いてます。
ものを集める癖があります。
ほうれい線の気になるお年頃。
現在ユーリ沼にドボン中。
まさかこの齢でアニメにハマるとは・・・・。


~私の神様 美の師匠~
 ・谷内六郎
 ・内藤ルネ
 ・アンドレ・マルティ
 ・カイ・ニールセン
 ・中村明日美子 
 ・マリナ・アニシナ
 ・安寿ミラ


~所有する人形~

◆SD
 六郎(SD13少年旧28番)
 時雨(SD13少年16番)
 薫(SDスタンダードくん)
 景(教室Aヘッド)

◆ブライス
 アリー(フルパン)
 きなこ(スケデスペリ)
 ノンナ(ポンチョ)
 もも(アイラブ)
 沙沙(アジアン再)
 いちば(マルシェ再)

◆ベッツィー
 つぶ(2008ベーシック)
 メイ(一魚二魚)

◆リカ
 白蜜(タカラ製)
 黒蜜 (キャッスル製)
 楓 (キャッスル製)

◆バービー
 レディ・ババ
 (復刻sophisticated lady)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お友達サイト
QRコード
QRコード